温故知新
ふきのとう味噌 Fuki-Miso dip Miso paste with flower buds of the Fuki(Petasites Japonicus)
この動画について
冬が明け、日差しがぽかぽかと暖かくなってくると、野山に春の気配が漂います。小さくも力強いふきのとうを見つけると、嬉しくなるのは私だけでしょうか。「春は苦味」と言いますが、春の山菜の苦味には、冬に貯めた老廃物の排出を助ける働きがあるそうです。ふきのとうは、油との相性がとても良く、苦味もまろやかになります。春の味をお楽しみください。

*ふきのとうはアクがまわりやすいので、切ったらすぐに炒めます。

材料
・ふきのとう 80〜100g
・ごま油 大さじ1

(合わせ調味料)
・みそ 大さじ4
・みりん 大さじ2
・砂糖 小さじ1

作り方
①調味料(みそ、みりん、砂糖)を混ぜておく。
②フライパンにごま油を入れる。
③ふきのとうを細かく刻み、熱したフライパンへ入れる。
④ふきのとうがしんなりしてきたら、合わせておいた調味料を入れる。
⑤少し火を弱め、ふきのとうとみそを混ぜ合わせ、1〜2分水分を飛ばす。
このとき、もう少し甘味がほしい場合は、砂糖をお好みでたす。

出来上がったら冷蔵庫で、10日から2週間保存可能です。

動画にいいねする
ご意見・ご感想 コメント

※投稿されたコメントは公開されません。

ご意見を投稿する

期間限定アンケート

よろしければこの動画について、簡単なアンケートにお答えください。

関連動画
    チャレンジ! 家庭菜園 大根の種まき
    素晴らしき生産者たち 帯広・服部農場
    素晴らしき生産者たち 奈良県・木戸さん・川口さん